--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主、ボヤく。

2006年11月24日 00:18


ある日、なゆがクシャミをしてたんです。
急に寒くなってきたから、風邪ひいたのかな?
2匹が一緒に入れるあったかくて大きめの猫ベッドがいるよなぁ・・・

と思い、先日買ってきました~ どお?どお?あったかそうでしょ?
お値段1980円也。なかなかお買い得でした。


2匹が一緒に入ってもまだ余裕があります。
2匹が寝ている時に入口から頭を突っ込んでみたんですけど
猫達の体温で中はもわ~~んとあったかいんですよ。
あんかなどのコードを通すための穴も開いていますが、必要なさそうです。
2006_1119nayupeko0030.jpg

なゆちゃん、頬骨出てるね。

      *

この猫ベッドを買いに行った日は雨が降っていました。
車で近所のホームセンターへ向かっている時の事、
反対側の歩道をヨレヨレの黒い子猫が歩いていました。
まだ生後3、4ヶ月ほどの小さな子でした。
皮膚病なのか毛があちこち禿げて、雨に濡れながらヨタヨタと・・・

もう胸がキューっと痛くなって・・・
少しでも暖かいようにと猫ベッドを買って貰える猫もいれば
ろくに食べる事も出来ず、暖を取れる場所もなく、ただ雨に打たれる事しか
出来ない猫もいるって事がなんて残酷なんだろうって。

連れて帰れるものなら連れて帰りたいです。
暖かくしてやって、ご飯いっぱい食べさせてあげたい。

でも、連れて帰ったとして、その猫の最期を看取ってやれる自信がないのです。
ウチはひとり親家庭ですから、金銭的な余裕はありません。
まずは2人の子供達をキチンと養育すること、うちの子に迎え入れた
なゆとペコを最後まで責任を持って飼育すること、これが最優先です。
里親探しをする時間もまず取れないでしょうし・・・
そんな理由で、3匹目はないと決めたのです。ごめんよ、猫ちゃん。

ホームセンターに着いてから、しばらく考え、猫缶を購入してから
猫がいた場所に戻りました。
一時的ななぐさめにしかならないよね、とか
猫缶の味なんか知らないほうが却って幸せかもしれない、とか
考えないではなかったけど、それでもお腹が満たされれば
少しの間でも幸せな気持ちになれるかもしれない。そう思いました。
でも、もうどこにも子猫の姿はありませんでした。
何も出来なかった・・・またしても私は無力でした。


もし、車じゃなくて、徒歩ですれ違っていたとしたら・・・
連れて帰らないという自信はなかったかも・・・


家に帰ってから、だらしなく寝っ転がっているなゆとペコに
先程の猫の話をしました。
「おまえ達は幸せだよ。ご飯にも困らないし、暖かい寝床があって。
自分たちが幸せだという事を思い知りなさい。」と。

でもふと考えちゃった。
この子達だって、うちの子にならず、もっと裕福なお家の子になっていたら
もっと幸せだったかもなー。
奥様がいつも家に居て一緒に遊んでくれて、一年中室温は快適で、
体に良い自然食を食べさせてもらえて、トイレはいつも清潔に保たれていて、
お洒落な首輪なんか着けてもらったりなんかして、
それから、えーとえーと・・・


そのあたりどうお考えですか?お嬢様。
うちの子で幸せ?
2006_1121nayupeko0037.jpg


うっ・・・。

そういえば、なゆは子猫の頃にアニマルコミュニケーションを
受けた事があるのです。
その時はこんな事を言っていたなぁ・・・
もう一度受けてみたい気もするけど、「この家出て行きたい」とか
言われたら多分立ち直れないだろな(笑)


ランキングに参加しています。
飼い主になぐさめの一票をお願いします(涙)→にほんブログ村 猫ブログへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。