--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤にゃん返り

2011年01月14日 00:18


027.jpg

ラブちゃん、ふくれっ面の子どもみたい(笑)



レイが来てから、ラブはちょっと寂しかったみたいです。

今まで私を独占状態だったのに、レイが常に私にひっついているので
今までのように独り占めとはいかなくなってしまったんですよね。

抱っこのおねだりも多くなったし、新聞や雑誌を読んでいる
私の邪魔をすることも多くなりました。

なるべくラブを優先するようにはしてたつもりだったけど
ご存知のようにレイは問題児ですから、どうしても注目してしまうし
手も掛けてしまいます。

先日、ラブが私の膝に座っていた時、どこからかレイがやってきたんですけど
レイの顔を見るなり、ラブちゃん「いやぁ~!」って言ったんですよ。
(やめて欲しい時にラブがいつも発する声なんです)
「こっちに来ないで!」って事ですね。


人間でいうとちょっとした「赤ちゃん返り」みたいなもんでしょうかね。
にゃんこだから「赤にゃん返り」ですけど(笑



スポンサーサイト

贅沢しっぽ

2011年01月10日 14:16


ある日子どもたちが言いました。

「なー、おかあさん。なゆのシッポって贅沢やんなぁ~」と。

「だって、他の部分は白いのに、シッポだけふんだんに柄が使われてるやろォ~?」と。


何、それってさ、
「オートクチュールのドレスでスパンコール刺繍がふんだんに使われてますねぇ~」的な?(笑)
子どもの発想は面白いな。


079.jpg
最新モードsippo。


031.jpg


うん、そんな事1回でいいから言ってみたいよね。おほほほ。




レイのこと

2011年01月02日 17:54


実はレイの事で書いていなかったことがあります。
ちょっと長くなりますが、よかったら読んでください。


もし「食欲」というものをカタチで表せと言われたなら、私は迷わずレイを差し出します。
とにかく食欲大魔神。
猫の食べ物、人間の食べ物、残飯、生ゴミ(!)、他猫のゲ●(!!)まで、なんでも食べます
(お食事中の方ごめんなさい)
あっ 猫ごはん以外のものを食べてるのを見つけたときはすぐさま片づけてますよっ


そしてこれはとても重要で大変な事なのですが、レイは「異食症」です。

026_20110102173419.jpg

異食症とは字のごとく、「食べ物ではない物を食べる病気」の事です。



保護した時から噛み癖のキツイ子だなとは思っていましたが、隔離部屋にいる時は
まだ「異食症」という事は分からなかったですね。


一度、子どもが使っているゲーム機のアダプターコードがレイに食いちぎられるという事があり、
それからは仕事に行く時や夜眠る時などは、電源コードをプラグから抜いておこうという事になりました。

何か対策を立てねばなぁ~と考えていた矢先、子どもの脱ぎ捨てた靴下が食われました。
直径3センチほどの大穴が空いていました。さすがに茫然としましたね。


その他食べたもので分かっているところでは、布巾、手袋、ビニール袋など・・・

ビニールはゲ●に混じって発見されましたが、繊維ものは判別しにくく、
ウンチョスを細かく分解して調べてみましたが、よく分かりませんでした。
(お食事中の方、またまたごめんなさい)


病院でレントゲンを撮ってもらおうか、でももし何か見つかった場合は
開腹手術になるんだよね?今回はそれでいいとして、じゃ、次に何か食べてしまったら?
食べる度に開腹手術?いや、それってどう考えたって現実的じゃないよ。


そんな考えが頭をグルグル。常に神経はピリピリ。靴下脱ぎっぱなしの子どもにガミガミ。


あ~~だめだだめだ~~。
これでは家族が不幸だよ。
レイよ、お前はこの家に試練を運ぶためにやってきたのかい?
と、一時はくじけモードに。


でもうなだれてばかりもいられません。とにかくレイが食べてしまいそうなものを
全て片づけて食べるものがないようにしないと。
何を食べてしまうか分からないけど、今のところ分かっているのはビニールと繊維もの。
じゃあそれを徹底的に片づけましょうと。


でも私が留守中に何か食べてしまうことがあるかもしれない。
それは私には知ることが出来ないので、病院に行く目安は「食欲がおちたら」
と決めました。

やれることやった上で、何か起こった場合には、もうそれがレイの天命なのだと
思うことにしたんです。

ある程度開き直らないと、異食症の子とは生活出来ないです



異食症は、母猫と早くに離れた子に多いようで、母乳不足感、母子密着感不足が原因のようです。
寂しさの表れなんですね。

ラブも生後何日かで母猫と離れ、粉ミルクと人間の手で育てられた子ですが、
頭を抱えてしまうような問題行動はありません。

レイの雑食ぶり、常に飢えた感じを見ていて、一体この子はどんな仔猫時代を送ってきたんだろうかと
せつなくなる時がありますよ。
飼われていた時期があったのかもと思う事もありましたが、
ひょっとしたら人間の手の温もりも知らずに大きくなったのかもしれません。


異食症の子はいっぱい名前を呼んで、たくさん抱っこしてなでなでしてあげる事が大事だそうです。
レイはいつでも自分からぴたっと密着してくるんですよ。(私にしか寄り付きませんが)
やっぱり寂しいのかな?私を母親のように思ってくれているのかな?



ずっと里親募集をしていたのは、迷っていたからです。
仕事で留守ばかりする私の家よりも、いつも飼い主さんがお家にいるところに
貰われたほうがレイのためにはいいんじゃないかと思ってました。
勿論、異食症のことについてはお知らせするつもりでいましたし、
そのためにお話が流れたとしても仕方がないと思っていました。


まぁ結果、迷いも晴れ、うちの子になったわけですが(笑)

酷かった噛み癖も、去勢後は徐々に落ち着いてきているかな?
保護当時は本当に酷かったです。私、喉元に食いつかれて息の根を止められかけた事
2度ほどありましたし(笑・・・えないよね)、
流血もほぼ毎日。
私が猫飼いである事を知らない人が見たら、「この人は自分の体を傷つけちゃう人なのかな?」
と思ったかもしれませんねー。


問題の異食癖も家族全員での片づけが功を奏してか、今のところないと思います。多分。
このまま徐々に落ち着いてくれればいいんですけどね。


長々と書いてしまいました。ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

他の3猫のこともそのうち書こうかなと思っちょります。


新年のご挨拶

2011年01月01日 15:42


新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします



写真は、今年の干支うさぎに変身しようと頑張っている最中のラブさんです。

022_20110101152041.jpg

でもこれが限界だったみたいです(笑



039_20110101152719.jpg

そんでもって戻らなくなってしまったようです(笑



まぁそれはさておき(笑)、新年を迎えたこの日を機に、
レイが我が家の新しい家族になった事を皆様にご報告いたします。
もう「レイ(仮)」じゃないよ!(笑

まぁいろいろとトラブルはあるものの、レイがここに居ついたのも何かの縁、
3人と4匹で肩寄せ合って生きていこうかなぁと。

どうぞ、うちの新人(新猫だね)をよろしくお願いします。



お仕事の人も、お休みの人も、体調に気をつけて楽しいお正月をお過ごしくださいね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。